ホーム » 2017 » 3月

月別アーカイブ: 3月 2017

安月給のサラリーマンが生きていくための方法です

妻はお金の管理ができない人です。そのため、自分が気を付けてへそくりをするようになりました。ちなみに妻が28歳の時に結婚したのですが、貯金は0円でした(彼女はそれまでちゃんと働いていました)。私はその時29歳で、貯金は500万円程度あったと思います。

お札のイラスト私の貯蓄額を知った時、妻がキラキラ目を輝かせ「すごいな、これから楽に生活できる」と言った言葉に非常に不安を感じたのを今でも覚えています。私のへそくりですが、まず結婚以来毎月、自動引き落としで2万円ほど積み立てを行っています。これには、よほどのことが無い限り、手を絶対に出さないようにしています。一回、リフォームをした際、普通預金が無くなってしまった時一部使っただけです。

あと、私は自転車通勤をしているのですが、ウチの会社は自転車通勤でも電車の定期代の交通費を支払ってくれるルールになっています(その代り自転車事故を起こしても自分の負担になります)。私の定期代は約2万円です。自転車の駐輪場代や保険代などは必要ですが、1万以上は稼げます。あとはポイントサイトなどで稼ぐようにしています。一日1~2時間くらい費やしているでしょうか。これは1カ月2,000円くらいの収入だと思います。

貯まったへそくり、ポイントは、メインの口座と別に開設したネット銀行の口座に入れています。この口座から自宅に郵便が届くことはないので妻はこの口座の存在は知りません。せこい方法ばかりですが安月給のサラリーマンが生きていくために仕方ない方法です。

こっそり、ニッコリ、バレずに二重生活

まず何でも2つもつことです。携帯、通帳、財布など二つもつことをオススメします。奥さんや家族には、「何故、二つ持たなくちゃいけないの?」て言われたら、適当に答えます。「仕事で使うから」など、色々言い訳はあります。あくまでもバレたときの言い訳であって、バレないことが前提になります。

銀行の通帳携帯は隠しようがないので、電話帳とか履歴など奥さんが見そうなところには余計なデータを残さないようにし、ネット銀行などにへそくり預けているならば、一応セキュリティはかけとくほうが良いと思います。(そこまで奥さんはチェックしないと思いますけど)

通帳と財布の隠し場所としては、車のシートの下、トランクにある工具入れの中、スペアタイヤの下など、奥さんが見なさそうなところに隠すのをオススメします。通帳は入金専用なら言い訳できますが、もしサイドビジネス(副業)でもつかうのであれば、会社のロッカーや、貸金庫などに預ける方法もあります。

財布も、会社や貸金庫などに預けるのがベストだと思いますけど、オープンにするのも良いです。へそくりしてるとは勿論言いませんが、下手に隠すと勘ぐられる可能性があります。信用度の問題になりますが、普段から嘘をつかないことが一番です。

在宅ワーク堂々とやってへそくりをゲット

へそくりはバレないようにと隠れてこそこそするから、バレるのではないかとひやひやするのです。そしてへそくりしていることに罪悪感を感じてしまうことも少なくないです。私はもともと隠し事をすることが苦手で、特に主人には何でも話しておかないと気がすまない性格です。

財布を持って笑う女性

在宅ワークをしてお金を稼ぎそれをへそくりにしておこうと考えたときに、主人に隠してするといつバレるか心配しながらやらなければなりません。

そこで私がとった方法は、入ったお金の金額を伝えることを条件に在宅ワークをしたいと主人に相談しました。すると思ったとおり在宅ワークの許可はすんなりおりました。そうすることで毎日堂々とパソコンを開いて仕事ができます。主人が自宅にいても気にすることはありません。隠れてする必要がないのでどんどん稼ぐことができます。

そして稼いだ金額を伝えるときは少な目に伝え、余った分をへそくりに回すのです。稼ぐといってもおこづかいにもならない程度のごく少額ですが塵も積もれば山となる、です。この方法で毎月数百円ずつへそくりをしています。始めたばかりなのでそんなにたまっていませんが、堂々と在宅ワークをできる環境を作ることでこれから確実にへそくりを貯めていきます。

隠し口座を作ることが、最も安全でバレない。

旦那様、もしくは奥様、ましてや子供、親など家族にバレないへそくりの貯め方。それは、隠し口座を1つお持ちになることだと思います。それに限ると思います。現金で管理しようとなると、自宅のどこかに置いておかなくてはなりません、そうなると、年末の大掃除のタイミングなどでバレちゃった…。そんなことに、成り兼ねないと思います。

キャッシュカードそうならない為にも、オススメしたいのはこれしかない。そう、口座を作ることですね。ただ、口座を作ることまではバレずにできてもキャッシュカードなどは口座開設後、すぐその場での発行にはなりません。どうしても約7~10日くらいの時間が必要となるようです。そうした手続きなどの後に銀行から宅配便(書留)として、配達されます。ですので、その時に自分以外の人が対応することになればその時点で間違いなくバレちゃいますよね。

そうならない為にも、郵便局に留めておいてもらいそれを自分自身で受け取りに行くなどの対処はどうしても必要になります。少々、面倒ではありますがバレないためです。ここは、割り切ってあなたが、受け取りに行きましょう。そうすれば、バレることはありません。あとは、ポロッと隠し口座のことを話しさえしなければ大丈夫です。