ホーム » 2017 » 1月

月別アーカイブ: 1月 2017

へそくりは貯金への第一歩で、無駄遣い制御にもってこい

へそくりを行って良い事は「無駄遣いを防ぐのにとても良い」という事です。へそくりは一種の自己統制手段だと感じています。すぐ使えるところにお金があると人間はついつい使ってしまいますから。では、どこにへそくりをするのが良いのか。私は2階にある誰も使っていないタンスにしまっています。

箪笥そのタンスには古い服がたくさんあるので、服と服の間にへそくりを置いています。そのタンスのある部屋には家族の誰も行かないので、家族にバレる事もありません。

へそくりの金額は、私は月に5千円から1万円を封筒に入れています。やはり、小銭をチョビチョビへそくりをしても、お金は全然貯まりません。なので出来る事なら、お札で貯めたいと感じ、月に5千円か1万円という金額を「目標へそくり額」にしました。

そして現在のへそくり額は10万円あります。まだ、へそくりを初めて1年くらいなのですが、地道に貯めて10万円までいきました。そして私の収入源は「アンケートサイト」です。アンケートサイトは簡単にお金を稼げますし、難しい事もほぼ無いのでお小遣い稼ぎにはとても便利です。量の多いアンケートだと1つのアンケートで600円くらい稼げるときもあるので嬉しい収入源になっています。

いろいろなところにしっかり隠してへそくり

私がまずやっているへそくりの方法なのですが、投資信託でまずどこの会社に投資するかを選んで私は200万円をまず投資して、その分配金を毎月第へそくりにして行っています。だいたい月に二、三万は入ってくるので自分だけしかしらない自分の口座にどんどん毎月お金が貯まっていくし、絶対にバレることもないので楽しいです。

積み重ねられた金貨今は一年この方法でへそくりをしているのですがだいたい50万円程はたまっているのでどんどんこの調子でへそくりしていこうと思っています。あとは、本の形になった金庫を購入して私の書斎の中にそれを隠していて月に何万円かそこにへそくりしていっている時にそこからお金を出して何かを買ったりしています。

あとは、床下収納に洗剤とかの予備をいれているのですが、さらにその下に簡単な金庫をバレないように隠しておいておいて、毎月そこに1万円ずつ貯金したりしています。これはもう二年は続けているので24万円は貯まっているはずです!

あとは、荷物を預けるボックスみたいなのを月で契約しているのでそこにひっそりとお金を貯めて行ってます。これはまだ初めて半年ですが主人はそこをチェックすることがないので安心しています。どんどん貯めたいと思います。

毎月三千円をへそくり貯金10年間の契約で

毎月三千円のへそくり貯金をしています。三千円でなくても、自分が出来そう金額を設定できますので無理無くヘソクリが出来ます。私はまだヘソクリ貯金し始めたところですが、全く旦那さんにバレる様子は無いです。私も特にヘソクリしようとは思ってなかったのですが、JAに行って子供の学資保険契約時に、教えてもらいました。10年後が、楽しみです。良かったらJAの方に相談してみてはどうでしょうか。

開いた通帳もう一つのヘソクリがございます。これも絶対にバレません。以前にしていたのは、自分のカバンの中にヘソクリしていました。カバンに隠していて、結構溜まってくると自分名義の銀行口座に入れます。そうすれば、バレません。貯金箱に毎日毎日500円を入れていた時期もあります。バレないように、貯金箱は、洋服タンスに隠していました。500円入れる時も、旦那さんにバレないように、仕事に行っている間にいれていました。そうすると怪しまれないからです。

財布の中にカード入れのところにお札を隠していた事もあります。カードに隠れているので、解らなくてバレる事も無いです。ヘソクリしていたつもりが自分も忘れていたと言う事もたまにありました。

このように私は色々ヘソクリ方法を試しましたが、どれもヘソクリ出来るのですが、1番いいのは、やはりJAのヘソクリ貯金です。どうしても、自分が手につけるところにヘソクリがあるといつでも使えると思ってしまうからです。

そうすると、今欲しいものをすぐ買ってしまったりとしてしまうので、ヘソクリ貯金だと、保険のような感覚なので、いつでも出せると言う事ではないので、ヘソクリがどんどん溜まって行きます。もし、10年契約だとしても、我慢ができずになん年後かに解約したとしても、まとまったヘソクリが手に入るわけです。

自分が毎月払っていくお金ですが、まとまった金額で戻ってくると本当にへそくりのような何か得した気分になります。こそこそヘソクリ貯金、いいですよ。