ホーム » 2016 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2016

地道にコツコツと日々楽しくへそくる方法

先ず持つべきものは、ポケットの二つある小銭入れです。二つのポケットのうち片方は使うためのお金を入れ、片方は貯めるためと決めておきます。とかく買い物をすると「得すること」がありがちです。

例えば、お店で特売や値引き販売をしているようなケースです。自分が買う予定のものが、通常500円の定価で売っているものを400円に値引きして売られていたら、買って100円のお得です。この得した100円を使ったことにして、小銭入れの貯めるためのポケットに入れておくのです。それがたとえ10円、20円でも実行します。

エンジのがまぐちこの場合の注意点は、お店でどんなに安く売られていても「買う気のないもの」「必要のないもの」は絶対に買ってはいけないということです。いわゆる無駄使いはご法度です。

他には、例えば普段ならバスに乗るところをその日は歩いて行って運賃が200円分浮いたとかであれば、その200円を使ったことにして、また貯めるためのポケットに入れます。このようなことの地道な繰り返しです。今はやりのポイントカードに貯まったポイントを使って買い物も同じです。その分のお金を使ったことにして、また貯めるのです。500ポイントも貯まれば、それを買い物に使って現金500円分をへそくるのです。

少額ずつですから、妻や家族にもそう怪しまれません。小銭入れの「貯めるためのポケット」が小銭で一杯になって千円になったら、自分の手持ちの千円札に逆両替です。その千円札は、私の場合、手帳のカバーの裏にお札をたたんで隠しこんでいます。その繰り返しで、やがて手帳に3~4千円貯まったら家族の誰にも知られていない自分の預金通帳に入金します。当然その通帳は見つからないように隠しておきます。

ネットバンクなどを利用するもの良い手かもしれません。このようにしてコツコツと時間をかけて我慢して続けて行くと、結構貯まって行くものです。先月の初め、どうしても入用があって、それまでのへそくりを使ってしまいましたが、そのあとまた再スタートをしました。

初めて3週間ほど経ちますが、いま7千円へそくっています。日々少額ですが、貯まっていくお金を数えていますと一種の「快感」を覚えて、我ながらちょっと怖さを感じます。ご参考にしていただければ幸いです。

バレない隠し場所あれこれ

収入は本当に少ないですがアルバイトでコツコツとへそくりしています。

例えば、小銭を1日1円でもへそくり用の貯金箱にいれます。その時に使用する貯金箱は、貯金箱に見えないものを使うのがオススメです。牛乳パックに折り紙を貼り付けたものを使っています。パッと見、貯金箱に見えないのでへそくりにはオススメです。

カレンダー次にお札のへそくり方法です。1つは高い場所がオススメです。パズルの額縁などの裏はうってつけの場所ですね。カレンダーの裏に貼り付けるのもいいなと思います。男の人はそこにまで目がいかないですから封筒にいれてカレンダーの裏はオススメですね。

次にオススメなのが靴箱の中です。ウチの主人の場合ですが靴箱は一切触りません。靴箱は私しか触らないので特別に多めに隠すことができます。この時に注意するのが大金を隠さないことがポイントです。だいたい2000円くらいをばらばらの封筒にいれて3つほど隠しています。

うまくバレないようにするポイントがあります。大金を1つの場所に隠さないことです。多くても3000円を目安にいろんな場所に隠しています。バレたときにはやっぱり主人にもあげないといけないのでその時のために備えています。

小さい金額でもコツコツで結構貯まる

結婚した時から暇つぶし程度に、アンケートサイト2つを1日10分程度答えています。月に1つのアンケートサイトで2,500円程度は平均してゲットできます。主人はアンケートサイトをしている事は知っていますが、どのぐらいの金額になるかは話したことありません。

パソコンを見る女性毎月5,000円~1万円程度稼ぐことができるので、結婚前に開設して、今では全く使っていない口座に振り込んでいます。結婚してから5年間で約25万円貯まりました。

アンケートサイトは、1つのアンケートでは2円から3円で金額が少ないのでめんどくさくなる時もありますが、通帳に振り込まれた金額を見ると小銭でもコツコツ貯めていけば気づいたときにはある程度の金額になるので、モチベーションを維持することができます。

子供が大きくなるまでちょこちょことこの私しか知らない通帳に貯めていけば、何か子供のことでお金が必要な時などに使えるのではないかと思います。アンケートサイトやクラウドソーシングは好きな時間に好きなだけできるので、小さな子供がいる人には、暇つぶしかつ小銭稼ぎができる良いシステムだと思います。

やはり生活費裏はへそくりではなく、住宅ローンの返済などに使いたいので、アンケートサイトで稼いだものは、気兼ねすることなく自分の口座に貯金することができます。