ホーム » 2016 » 9月

月別アーカイブ: 9月 2016

実父から貰うお小遣いをコツコツ貯めて総額50万円!

旦那はお金に大雑把で全て使ってしまう人なので、貯金をする余裕が全く無かった我が家。
専業主婦の私は、もし離婚することでもあった時のために自分用のまとまったお金が欲しいと、へそくりを決意しました。
しかし旦那は金遣いが荒く私は収入が無いので、頼るは臨時収入。

お金の前で喜ぶ女性私の実父が、帰省した時に「ほら、これで夫婦でうまいもんでも食ってこい。」と一万円札をポンと渡してくれたり、帰りの空港で「土産でも買って帰れ。」と5000円札を渡してくれたり、ちょこちょこ現金をくれる人だったので、それをすべて自分の通帳に入れました。

実父はシャイで、旦那が実家でお風呂に入っている時や空港でトイレに行っている時に私にコッソリ渡してくることが多かったので、旦那には気づかれませんでした。けれど全て隠してしまうと旦那から実父への感謝が無いと思われると思い、時々は「お父さんに3000円もらったよ。」と金額を減らして報告。旦那は「お父さん良い人だなあ。」と言いながら貰った気でいましたが、その3000円は私が旦那のものをあれこれ節約して捻出していたことには気づいていませんでした。

今ではへそくりは50万円を突破。実父には感謝です。結婚生活も長くなり、離婚する様子は今のところ全くありませんが、大雑把な旦那が何も知らないうちに次は100万円目指してへそくりを続けようと思います。

2つの隠し場所。コツコツ、でも意外と堂々?

私のへそくりの隠し場所は2つ。1つ目は私宛のハガキや書類などが入ったクリアケースの中の茶封筒、もう1つはへそくりを貯めるようの銀行の口座です。

クリアケースの茶封筒は普段棚に置いてありますが旦那は中に私宛の書類が入っていることを知っているので自分から開けたりは一切しませんし、堂々と開けて机に置きっぱなしにしたりしている時もあり、コソコソ隠していない分疑われることもありません。

茶封筒数々のハガキや書類、封筒の中に紛れているへそくり用の茶封筒も、元々は何かの書類が入っていた物なので普段よく目にする私でない限り分かりません。

空き箱などを使うとその辺に堂々と置けないですし、下手に触られたりゴミと間違えられて捨てられてしまう可能性がありますが、私が使っているクリアケースの中には同窓会のお知らせや、今まで来た年賀状や暑中見舞いのハガキ、カタログなどが入っている為旦那が勝手に開けて捨てるなんてことはまずありません。

へそくりは、給料が入ると旦那が生活費を私に渡し、私はその中でやりくりをしている為もちろんその中から。

少しでもへそくりを貯める為に、買い物はなるべくスーパーの安売りを狙い必要な物は買いだめすること、冷凍できるものは冷凍、お肉などは小分けにしカサ増しをすること、必要以上の物は買わない、などの節約をしてなるべく少ないお金でやりくりすることです。

そして1カ月で余った分のお札をそのへそくり用の茶封筒へ。
また細くなり過ぎない500円玉なども一緒に入れます。

それを繰り返し、封筒が少し厚くなったり、小銭で膨らんだら怪しまれないうちにへそくり用の銀行口座へ移します。
へそくりを溜め初めて約1年、5万円くらい貯まったでしょうか。

他にはアンケートに答えてポイントを貯めるお小遣いサイトなどで隙間時間に稼いだお金もへそくり用の銀行口座へ。
コツコツ、でも堂々と!これが意外とバレない私のへそくりの貯め方です。