ホーム » 2016

年別アーカイブ: 2016

地道にコツコツと日々楽しくへそくる方法

先ず持つべきものは、ポケットの二つある小銭入れです。二つのポケットのうち片方は使うためのお金を入れ、片方は貯めるためと決めておきます。とかく買い物をすると「得すること」がありがちです。

例えば、お店で特売や値引き販売をしているようなケースです。自分が買う予定のものが、通常500円の定価で売っているものを400円に値引きして売られていたら、買って100円のお得です。この得した100円を使ったことにして、小銭入れの貯めるためのポケットに入れておくのです。それがたとえ10円、20円でも実行します。

エンジのがまぐちこの場合の注意点は、お店でどんなに安く売られていても「買う気のないもの」「必要のないもの」は絶対に買ってはいけないということです。いわゆる無駄使いはご法度です。

他には、例えば普段ならバスに乗るところをその日は歩いて行って運賃が200円分浮いたとかであれば、その200円を使ったことにして、また貯めるためのポケットに入れます。このようなことの地道な繰り返しです。今はやりのポイントカードに貯まったポイントを使って買い物も同じです。その分のお金を使ったことにして、また貯めるのです。500ポイントも貯まれば、それを買い物に使って現金500円分をへそくるのです。

少額ずつですから、妻や家族にもそう怪しまれません。小銭入れの「貯めるためのポケット」が小銭で一杯になって千円になったら、自分の手持ちの千円札に逆両替です。その千円札は、私の場合、手帳のカバーの裏にお札をたたんで隠しこんでいます。その繰り返しで、やがて手帳に3~4千円貯まったら家族の誰にも知られていない自分の預金通帳に入金します。当然その通帳は見つからないように隠しておきます。

ネットバンクなどを利用するもの良い手かもしれません。このようにしてコツコツと時間をかけて我慢して続けて行くと、結構貯まって行くものです。先月の初め、どうしても入用があって、それまでのへそくりを使ってしまいましたが、そのあとまた再スタートをしました。

初めて3週間ほど経ちますが、いま7千円へそくっています。日々少額ですが、貯まっていくお金を数えていますと一種の「快感」を覚えて、我ながらちょっと怖さを感じます。ご参考にしていただければ幸いです。

バレない隠し場所あれこれ

収入は本当に少ないですがアルバイトでコツコツとへそくりしています。

例えば、小銭を1日1円でもへそくり用の貯金箱にいれます。その時に使用する貯金箱は、貯金箱に見えないものを使うのがオススメです。牛乳パックに折り紙を貼り付けたものを使っています。パッと見、貯金箱に見えないのでへそくりにはオススメです。

カレンダー次にお札のへそくり方法です。1つは高い場所がオススメです。パズルの額縁などの裏はうってつけの場所ですね。カレンダーの裏に貼り付けるのもいいなと思います。男の人はそこにまで目がいかないですから封筒にいれてカレンダーの裏はオススメですね。

次にオススメなのが靴箱の中です。ウチの主人の場合ですが靴箱は一切触りません。靴箱は私しか触らないので特別に多めに隠すことができます。この時に注意するのが大金を隠さないことがポイントです。だいたい2000円くらいをばらばらの封筒にいれて3つほど隠しています。

うまくバレないようにするポイントがあります。大金を1つの場所に隠さないことです。多くても3000円を目安にいろんな場所に隠しています。バレたときにはやっぱり主人にもあげないといけないのでその時のために備えています。

小さい金額でもコツコツで結構貯まる

結婚した時から暇つぶし程度に、アンケートサイト2つを1日10分程度答えています。月に1つのアンケートサイトで2,500円程度は平均してゲットできます。主人はアンケートサイトをしている事は知っていますが、どのぐらいの金額になるかは話したことありません。

パソコンを見る女性毎月5,000円~1万円程度稼ぐことができるので、結婚前に開設して、今では全く使っていない口座に振り込んでいます。結婚してから5年間で約25万円貯まりました。

アンケートサイトは、1つのアンケートでは2円から3円で金額が少ないのでめんどくさくなる時もありますが、通帳に振り込まれた金額を見ると小銭でもコツコツ貯めていけば気づいたときにはある程度の金額になるので、モチベーションを維持することができます。

子供が大きくなるまでちょこちょことこの私しか知らない通帳に貯めていけば、何か子供のことでお金が必要な時などに使えるのではないかと思います。アンケートサイトやクラウドソーシングは好きな時間に好きなだけできるので、小さな子供がいる人には、暇つぶしかつ小銭稼ぎができる良いシステムだと思います。

やはり生活費裏はへそくりではなく、住宅ローンの返済などに使いたいので、アンケートサイトで稼いだものは、気兼ねすることなく自分の口座に貯金することができます。

生活費を削って30万円!本棚にこっそり貯金!

本棚からへそくりをとる男性食費や美容代、交通費などをこつこつ削って生活費を節約し、トータルで毎月2万円ほどを貯めています。私の分の生活費として毎月5万円を財布に入れていますが、そこからもろもろを節約して毎月2万円分お金が浮くので、それをこっそりと貯金しているのです。

具体的には、おやつはスーパーやコンビニで買わずに手作りする、肉や野菜は特売日にまとめ買いして下処理したものを小分けして冷凍して使う、冷凍食品は買わない、試供品の化粧品サンプルを貯めておいてそれを使う、自転車で通勤して交通費を浮かすなどです。

そうして浮いたお金は、かわいい封筒に入れておきます。

それを、仕事の資料にしているファイルに入れて、本棚に入れて隠しています。仕事の資料のファイルは私以外誰もそれに触ろうともしません。また、かわいい封筒にいれておくのは、友人にもらったメッセージカードと見せかけるためです。

よく友人からメッセージカードをもらうのでなにも怪しまれません。かれこれ1年半ほど続けていますが、まったくばれることはありません。このようにお金を削ってためておいて、いざという時に使ったり、自分の仕事のご褒美にこのへそくりから出費して旅行に行ったりしています。

空いたコーヒーの小さな瓶にタンスの奥に

1枚の100円玉私は夫婦で自営業をしています。

お金の管理は全て主人で月に私はいくらという形で、お給料制で貰っています。毎日、仕事が終わり主人が集計をします。その後に毎日100円玉を入れた小さな瓶の中から200円を取ります。それは両替用なので直接売り上げには関係ないので主人には分かりません(笑)

あまりにも入っている量が少ないと分かるので気をつけています。その毎日200円を一ヶ月貯めると三千円以上になり、へそくりになります。貯まって貯金とまではいきませんが足りない時 かなり助かります。毎月貯めたら1年で何万にもなりますが、それは出来ません。

小銭ばかりですがいっぺんに使うわけではないから、チョクチョク何百円ですから楽に使えます。なかなか貯まらないのですが貯めたい気持ちはあります(笑)

へそくり3年は続いていますから頑張って貯めて、へそくりと言える物にしたいです。

私も主人と同じくらい働いていますから、毎日200円のへそくりくらいは良いだろうと自分を正当化しています。主人はとてもお金に細かい人なので見つかれば何か言われるかもしれませんが、このまま見つからないように頑張ってへそくりします。

自営業はなかなかお金の管理は難しくて私達みたいな自営業の共働きは本当に色々ありますが子供にお金がかかる間は我慢です。

生協商品の注文時、毎週2千円ずつ出資金を増資

銀行の通帳は共通のものなので、銀行口座ではへそくりはムリです。

私がムリなく主人にバレずに少しずつお金を貯めていけたのが、生商品の注文書に、出資金を2千円ずつ増やして赤いがまぐちいくことです。ボーナス時は9千円とか、余裕ある時も5千円とか書いてました。月4回の注文があるのでその度に書いてました。商品と同じ日に支払うので、貯金をしている感覚がありません。頑張って貯めてる感じはないですし、すぐにお金を引き出せないというのがミソです。

お金を引き出す時は、電話をかけて書類を送ってもらい、届いたら記入し返送、それから1週間程してから登録銀行口座に振り込まれるという不便さがいいです。3年で30万円程貯まりました。あと、生協の共済の返戻金が毎年2000円くらいあるのですが、それも出資金に加算されるのでいつのまにか増えています。

30万円になった時に一旦引き出し、10年変動金利個人向け国債を購入しました。期間が10年というのも、「これには手をつけないぞ」という気持ちになります。金利も変動なので、景気のいい時にはちょっと上がったり、下がったとしても最低金利を下回ることがないです。半年に一度利子が払われるのですが、それはそのままおろさず証券会社の口座の中です。引き続き、生協商品注文時に、少しずつ出資金を増やしています。

子供の口座を作り、毎月の小銭貯金等を入金!

まず子供の口座を作ります。そして通帳と印かんは実家など安心できるところに預かってもらって自宅には置かないようにします。元々妻側が家計をやりくりしているのでヘソクリし放題なのですが、通帳を見られると面倒なので自宅にはおかないで近くの実家に預かってもらっています。

通帳とお札毎日コツコツと買い物のたびに小銭貯金をしたものやその月に浮いたお金を入金します。特に金額を決めないで無理のない金額でヘソクリをすると長く続けることが出来ると思います。

もし発覚した時は子供の教育資金だと言い訳ができますし、何かの理由で離婚などをする場合には、子供の口座にして置くことで夫婦の共有財産から外れるというメリットもあります。

ある程度大きな金額になったら、その通帳は使用しないで安全な場所に隠しておいて、また新たに子供の口座を作りヘソクリを始めます。リスクを分散して発覚されないように気を付けます。

そのお金を元手にネット証券で株の投資を投資をするのもおすすめします。上手くいけば、ヘソクリ倍増!もうけをあまり考えず長期間保有して、株主優待を貰うという手もあります。

ネット証券にお金を移ししてしまえばヘソクリが本当に分らなくなると言う利点もあります。

へそくり口座を作って、自分までもだますのが効果的です!

へそくり、お金をタンス貯金でどこかに隠すなんて、時代遅れだと思います。特に私は浪費家なので、初め手元にへそくりとして蓄えていても、日々容易に手に入れられる場所に隠しておくとすぐに必要な時に使ってしまい、たまりません。ですので、私のような性格の人は、自分もだます手法でへそくりを蓄えるのが得策です。

通帳どうするのかと言うと、毎月の決めた家計費の中で、子供のお稽古の月謝のようにへそくりとして別にしておき、銀行等に自分名義の通帳を作成、そこに毎月貯めるのです。この方法は、毎月、通帳にお金を入れなければならない手間はありますが、効果的に貯める方法だと思います。

さらに、私はそれに加え、普段はあまり使わない銀行(私の場合は郵便局)に口座を作りました。これなら、へそくりを毎月入れに行く以外には出向くことがないので、安易に引き出すリスクも減らせます。また、へそくり口座の通帳は、クレジットカード機能などを入れないこと、場合によればカードは作らない方がいいかもしれません。こうすることにより意志の弱い方でも、割と着実にお金を貯められると思います。

あとは、働いてる主婦等は、自分の給料口座から毎月積み立てるとか、家計費を旦那様から直接もらう主婦とかは面倒ですが一度全額口座に入れてから、買い物のほとんどをカードにして、へそくりを積み立てにするのもよい方法だと思います。

ですが、上記のようにすると、積み立て口座と普段の口座が同一なため、万が一普通の口座がマイナスになってしまっても積み立て口座に入ってる金額まではカード払いや引き落としができる点が問題です。ルーズな方で日々や月額の支出をあまり把握できてないひとは、普段使う口座とへそくり口座はやはり別にしていた方が成果は出ると思います。

何でも定価で買ったことに、ポイントはなかったことに。

家電製品などを買うときはあちこちの電気屋さんを見て回り一番安い所で買うのは当たり前ですが、さらに値引きをお願いして安くなったら浮いた分はもちろん私のヘソクリにしています。イオンのお客様感謝デーなどで10パーセント20パーセント引きで買いものした時は定価との差額は私のものです。こうしてチマチマ貯めたお金は私のヘソクリになります。

クレジットカードを持つ手公共料金の支払いなどクレジットカード払いにしてあります。普段のお買い物もクレジットカード払いしています。ポイント10倍とか5倍の時もあるので、なるべくポイントアップの時にまとめてお買い物をしてポイントを貯めています。貯まったポイントはもちろん私のものです。商品券に取り替えて好きなモノを買ったりしています。

あとは普段から生活費をなるべく切り詰めるのはもちろんですね。毎月生活費の予算が決まっていますが、余ったらそれは私のヘソクリにしています。だから毎日の節約にも頑張ろうと思えます。懸賞などが好きですが当選したときは金額に換算して生活費からその分を引いて私のヘソクリにしています。だから懸賞は食料品や日用品目当てでハガキを出しています。案外当たるんです。だから、買い物をするときに懸賞キャンペーンをやっているところの商品を買うのも忘れないようにしています。

実父から貰うお小遣いをコツコツ貯めて総額50万円!

旦那はお金に大雑把で全て使ってしまう人なので、貯金をする余裕が全く無かった我が家。
専業主婦の私は、もし離婚することでもあった時のために自分用のまとまったお金が欲しいと、へそくりを決意しました。
しかし旦那は金遣いが荒く私は収入が無いので、頼るは臨時収入。

お金の前で喜ぶ女性私の実父が、帰省した時に「ほら、これで夫婦でうまいもんでも食ってこい。」と一万円札をポンと渡してくれたり、帰りの空港で「土産でも買って帰れ。」と5000円札を渡してくれたり、ちょこちょこ現金をくれる人だったので、それをすべて自分の通帳に入れました。

実父はシャイで、旦那が実家でお風呂に入っている時や空港でトイレに行っている時に私にコッソリ渡してくることが多かったので、旦那には気づかれませんでした。けれど全て隠してしまうと旦那から実父への感謝が無いと思われると思い、時々は「お父さんに3000円もらったよ。」と金額を減らして報告。旦那は「お父さん良い人だなあ。」と言いながら貰った気でいましたが、その3000円は私が旦那のものをあれこれ節約して捻出していたことには気づいていませんでした。

今ではへそくりは50万円を突破。実父には感謝です。結婚生活も長くなり、離婚する様子は今のところ全くありませんが、大雑把な旦那が何も知らないうちに次は100万円目指してへそくりを続けようと思います。