ホーム » 隠し場所 » 嫁に同僚の結婚祝いを贈ると嘘を付いて

嫁に同僚の結婚祝いを贈ると嘘を付いて

子供と妻と三人で暮らしていますが以前は賃貸のコーポに暮らしていました。 妻にも毎月お小遣いとして数万円を渡していたのですが、 自由気ままに自分の趣味の服を買ったりしていました。 私自身も毎月のお小遣いは決められていたのですが、 会社帰りに同僚との付き合いもありますので多い時で10万円を使った事もありました。 後輩にもご馳走をしなければいけませんし、先輩にご馳走になった時には次回にお返しをする時もありましたので、 10万円でも足りない時もあるのです。

1万円と電卓結婚数年後に子供が出来た為にマンションを購入する事になったのですが、 それを機会に自由に使えるお金を制限をされてしまいました。 頭金800万円で毎月5万円を返済しながらボーナス月には15万円をローンで払う事になりましたが、 今までの様な自由気ままな生活が出来なくなり妻もパートに出かけるようになりました。 妻が、私もがんばっているのでこれからはお金の管理は自分ですると言い出し、 給料をそっくりそのまま渡すようになりました。 月に5万円をお小遣いとしてもらうようになりましたが、 正直言ってそれだけの小遣いではサラリーマンとしてはやっていけないのです。 一回飲みに行くと数千円は軽く掛かりますし、あっという間に消えてしまうのです。

そこで妻に嘘を付いて小遣いをもらう事にしたのですが、 同僚が結婚をするのでお祝いとして2万円が必要と言ってみたり、 先輩からお金を借りているので1万円を返さなければいけないと様々な理由をつけてお金を貰いました。 お金を貰い易かったのは結婚祝いで、社会人の常識として妻も判っており渋い顔をしながら渡してくれたのですが、 いつまでも同じ手が通じる筈がありません。 同じ人の名前を2回も使ってしまい、半年前に結婚した人がまた結婚するのと言われてバレてしまいました。

嘘を付いて貰っていたお金をへそくりとして貯めていたのですが、 銀行等に貯金をすると貯金通帳を見られた時に判ってしまいますので、 全て自分で保管をしていました。 仕事で使っていた机の引き出しにあるノートの間に挟んで隠したり、 時には天井裏に隠した事もありましたが、自分なりに上手く隠せたと思っています。 誰にもバレなく貯蓄をする事がへそくりと言われていますが、 緊急時には非常に役に立つお金ですので、へそくりは必要だと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)