ホーム » 貯め方 » へそくりを隠し続けるのに勇気を使いました。

へそくりを隠し続けるのに勇気を使いました。

仕事先の給料を妻と分けて使う形なのですが、どうしても自分用のお金が欲しかったのでへそくり貯金を心掛けました。ネットで副業をやっているので、気付かれないようにスマホやパソコンにパスワードを設定したり、妻に直接知られていない口座を作ったりしました。そして、3ヶ月で20万円の貯金ができました。もちろん、妻には悟られていません。

タンスの引き出し最初は、スーツのポケットに隠していたのですが、ばれそうな気配がしたのでタンスの引き出しに隠しました。それでも、妻が開けたりする可能性があったのでタンス内の服の整理を自ら行ったり、洗濯を任せっきりにせず自分で行うよう意識しました。とはいえ、怪しまれたら元も子もないので、積極的に家事に関わる感じでやり過ごしました。

最初はへそくりの存在を隠す目的でしたが、妻と家事の話をする事が増えました。その反面ネットでの副業をする時間が減っているのに気付きました。でも収入を優先しすぎると、スマホやパソコンばかり見ていて勘付かれる可能性が高いと読んだので、思い切って妻と一緒にいる時間を増やしました。本業の収入に響かない方が悟られないと思ったのです。

おかげで、本業に悪影響はなく、へそくりを隠し通すのに成功しました。また、家事に関わることで少しでも妻の苦労を知るいい機会にもなりました。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)