管理人自己紹介

こつこつ貯めたへそくりが見つかったショックが大きすぎて、しばらく立ち直れませんでした(笑)上手く貯めている人から情報収集して今回はバレる気配はありません。

カテゴリー

オークションやネットバイトで稼ぐ

月の収入や支出はだいたい決まっていますし、旦那も把握してしまっています。なので、その他から収入を得ることを考えました。オークションやネットの内職バイトからおこずかい程度ですが収入を得ています。ちなみに旦那はこれらをやっている事を知りません。パソコンで作業する時は必ず旦那が不在時や就寝時を心掛けています。

ダンボールの梱包する様子主にオークションの取引はスマホでやっています。オークションは、出品をする際画像の撮影や発送する為の梱包作業がありますが、1度も旦那に見つかったことはありません。これを見つかってしまうと言い訳がかなり苦しくなります。旦那は私の私物や子どもの洋服に幸いにもあまり関心がありません。毎月の日用品の支出と私のおこずかいは決まっていますので、オークションやリサイクルショップで、定価より安く買い物をして、旦那には定価相当で申告し、浮いたお金をへそくりとして自分専用の口座に貯めています。

不要になった衣類でも、オークションに出品すると予想外に大きな金額になったりします。子どもの成長は早いのでしょっちゅう購入が必要になりますが、その都度出品して稼いでいます。ネットでの内職バイトは、育児で時間が取れないのでタスク系がほとんど、1回の作業で大きな金額にはなりませんが、トイレやベッドの中でちょっとした隙間時間に簡単に出来るものを選んで、複数回やる事で収入を増やすようにしています。へそくり専用の口座は万が一の事を考慮してネット銀行で通帳は作っていません。

主婦がへそくりを隠すならこの場所だ

旦那にばれにくい、主婦のへそくりの隠し場所といえばどこがあるでしょうか。基本的には「自分しか絶対に触らないところ」です。おすすめしたい場所が、まずは冷蔵庫の中。

クローゼットのコート一番上の頻繁に利用するところは、旦那もジュースや何か食べるものをなどを探しにくる場合があります。一番旦那が開けなさそうなところは、野菜室だと思われます。奥の方に隠しておくと、野菜に隠れて見つかりにくく、そもそも旦那が野菜室から何か食べるものを探す機会は少ないでしょう。

次に、生理用品をストックしているところです。トイレの棚に生理用品を置いている女性は多いのではないでしょうか。ここなら男性は触る事はないでしょう。棚の中でしたら、見た目もわかりにくいはずです。次に、家計簿や通帳に挟んでおくと言うのも手です。丸見えになり、かえってバレバレになってしまいますが、そこがいいのです。「この封筒なに?」と聞かれたら「新聞代としてとっている」など適当な理由をつけ、へそくり感を消すことができます。

最後に、自分用のコートのポケットを挙げたいと思います。冬場以外はクローゼットの奥にしまうことになるでしょうし、わざわざ奥から嫁のコートをとりだし、ポケットの中身をチェックするとは考えにくいです。旦那が気を利かせて、奥さんのコートをクリーニングに出してあげようなんてこともないと考えられます。冬になりコートの出番になった際は、他の着ない衣類に移すか、先ほど紹介した冷蔵庫や生理用品の周辺などに隠すのも良いでしょう。

私が続けている3つのへそくり

私は結婚して専業主婦になったので、誰にもバレないようにこっそりと地道にへそくりを貯めてきました。今回そんな私のへそくりの貯め方についてお話します。

¥マークとOKサインの手FXで地道にスワップポイントを貯める
結婚前よりFXを行っていました。当時は毎日取引をしていましたが、結婚してからはポジションを七つばかり持ち、もっぱらスワップポイントを貯めるようになりました。対円に対してオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカのランド、そしてトルコのリラなど比較的スワップポイントが高い通貨を購入して、毎月安定した利益が生み出せるようにしました。スワップポイントを引き出す際の銀行口座も私以外知らないので、へそくりを貯めやすいです。

内緒の500円貯金
月々のお金から毎月少しずつではありますが、500円貯金をしています。全くできない月もあるし、5000円近く貯まる月もあります。あまりストレスを貯めずに気軽にへそくりを貯めることができます。

内職をする
スマホで口コミ、感想を書いたり、文字入力をしたりしと内職をして収入を得ています。また商品購入の代行業務を行ったりしています。基本的にすべてスマホで行えるので、周りに全くバレずに収入を得てお金を貯めることができます。慣れてくれば月三万以上稼ぐこともできるので、やる気も沸いてきます。

これからも毎月の目標金額を決めて、地道にへそくりを増やしたいと思います。

頂きものが重なって生活費が浮いたとき

私が実践しているへそくりの貯め方は、生活費が浮いているときに使える方法です。親戚や家族、友人などからの頂き物が重なったとき、生活費が浮くことがあるのですが、その時に使えるのが「生活費は余ってないよ」という旦那さんへのアピールです。夕飯の時など、旦那さんお札を数える手と会話する機会があるときに、「今月も生活費ぎりぎりだわ~」というような会話をすると自然と生活費を自分で使わなくなります。

言葉にすることで自分の耳にも生活費がないとインプットさせ、余っているこの生活費を使わないようにしようとお菓子を買うのをやめてみたり、何か自分の中で動きが生まれます。そうして、実際に浮いた生活費は旦那さんにわからない場所に保管して、生活費は今月も余らなかったと旦那さんに報告をします。そうすると、次の月も生活費が満額もらえるので少しづつですがへそくりを作ることができます。私はこの方法で、月3000円~5000円くらいをへそくりしています。

それと、買い物をしたときに500円がおつりでもらえたとき、それを貯金箱に入れてしまういわゆる「500円玉」貯金もこっそりとやるとお金がたまっていきます。私は生活費や自分のお小遣いから少しずつやっています。500円玉が財布にあるごとにやると生活費やお小遣いを圧迫するので、全部を貯めないことが大事です。家の中には、自分は触るけれど旦那さんは触らない場所というのがあると思うので、そこにへそくりを貯めておくとこっそりとばれずに貯めることができると思います。

僕がやってバレなかったヘソクリの貯め方

僕は現在21歳で会社員をしています。現在中央区に友達とシェアハウスをして暮らしています。お金があるのに気づかれると「奢ってくれよ!」とか、「金持ってるのにケチだな!」とかと言われてうっとおしそうなので、こっそりと実践しているヘソクリ貯め方術です!

空のダンボール箱始めてから約3ヶ月で5万円貯めることができました!僕はパチンコが好きなので、パチンコから帰ってくると景品のお菓子やジュースでパチンコに行ったことがバレてしまいます。景品があると言うことは当然お金を換金していると言うことですので、僕は今勝っている可能性が高いことになります。

そしたら友達にとっては格好の餌になるわけです。そこで僕が編み出した技が、ネットで買ったときに梱包されてくる段ボールの中にお菓子お貯める!です。あと換金は500円単位で換金されますのでその500円をコツコツ貯めた結果5万円貯めることができました!

ぼくの友達が鈍感なのかはわかりませんが、今のところ気づいている様子や荒らされている感じもないので多分バレていません。ぼくの場合はパチンコからですが、500円は以外と貯まることがあり、かつ、値段が大きい分貯まるペースが早いので貯金したい人にはオススメだと個人的に思います!僕は夏までにこの方法で十万円貯めて夏に遊びまくります!

へそくりを隠し続けるのに勇気を使いました。

仕事先の給料を妻と分けて使う形なのですが、どうしても自分用のお金が欲しかったのでへそくり貯金を心掛けました。ネットで副業をやっているので、気付かれないようにスマホやパソコンにパスワードを設定したり、妻に直接知られていない口座を作ったりしました。そして、3ヶ月で20万円の貯金ができました。もちろん、妻には悟られていません。

タンスの引き出し最初は、スーツのポケットに隠していたのですが、ばれそうな気配がしたのでタンスの引き出しに隠しました。それでも、妻が開けたりする可能性があったのでタンス内の服の整理を自ら行ったり、洗濯を任せっきりにせず自分で行うよう意識しました。とはいえ、怪しまれたら元も子もないので、積極的に家事に関わる感じでやり過ごしました。

最初はへそくりの存在を隠す目的でしたが、妻と家事の話をする事が増えました。その反面ネットでの副業をする時間が減っているのに気付きました。でも収入を優先しすぎると、スマホやパソコンばかり見ていて勘付かれる可能性が高いと読んだので、思い切って妻と一緒にいる時間を増やしました。本業の収入に響かない方が悟られないと思ったのです。

おかげで、本業に悪影響はなく、へそくりを隠し通すのに成功しました。また、家事に関わることで少しでも妻の苦労を知るいい機会にもなりました。

家にある不要な物を売り飛ばす

1年ほど前にママ友達とランチに行きました。その時話題にあがったのが数年前に流行った「断捨離」です。家の中がすっきりして身も心も軽くなったと聞き、私も挑戦してみようと思いました。しかし、1度お金を払って買ったものやブランドものの紙袋など、捨てるのが惜しいものがたくさんあり、なかなか手をつけられずに暫く時間が経ってしまいました。

断捨離と書いたメモ

しかしその数ヶ月後にテレビで「メルカリ」というサイトについての紹介を見ました。要らないものを出品し、欲しい人に買ってもらう、いわゆるフリーマーケットのようなサービスです。これは良いかもしれないと思い、その場ですぐにアプリをダウンロードし登録しました。捨てる勇気がなかった物たちを片っ端から出品していきました。するとその日のうちに2つも売れました。そこからはどんどんメルカリにはまって、どんどん売っていきました。

家にあるものを売り切った後は、いろんなプレゼント企画に応募して当たったら商品を出品したり、化粧品をはじめとした無料サンプルをネットや電話でたくさん取り寄せ、それをそのまま出品したりもしました。メルカリに登録してから、まだ10ヶ月ほどしか経っていないのですが、すでに売上金は15万を超えています。そのお金は、旦那に内緒で作った銀行の口座に振り込まれるようになっており、誰にもばれずにへそくりを地道に貯めています。

悪いことかも。分かっていても内緒のへそくり

悪い事かも知れないけれど、色々な手段で、へそくりしています。金額的には、多いものと言うよりかコツコツ何かと増えるものや、本当に小銭程度を貯める物もある感じです。

通帳を見て微笑む女性うち生活は、何代、何代で多目に夫から毎月現金を渡されて、そのお金でやりくりする形をとっています。毎月の食費代、光熱費などの残ったお金がああっても、気にしていないのかはわかりませんが夫も何も聞いてこないです。毎月決められたお金を貰っては残りを貯めています。

一番大きいのは、急に出費がでる、子供が保育園などで使う道具からの収入です。夫は、保育園から配られる手紙などは一切見ないので、本当の値段よりも高いお金を伝えて夫から貰います。家の事は任せっきりなので、高く言ってもそれプラスに夫はくれるので大分へそくりに回せています。

また、ママ友や子供と何処に行くなどを話すと、夫は必ずお金を渡してくれます。実際はそれほど使わなくても残りを渡す事もないので、残った分はへそくりにします。あとは、スマホでおこづかい程度の収入です。これも夫は全く知らないので、へそくりに回しています。期間は4年くらいで、隠し場所は、夫に内緒で銀行で口座を3つ作りました。子供名義を2つと、自分の名義を1つです。

普段手にしているものの中に入れる

へそくりは基本、普段手にしているものの中に入れることが多いです。一番多いのがスマートフォンケースの中です。不透明なケースをスマートフォンに装着する際に、間に1万円を挟んでおくことが多いです。一見すると違和感もなければ、取り出すのもすぐ出来て、緊急時にもすぐに使えたりします。たまにずれてカメラ穴を塞いでしまうことも多かったので、両面テープの小さなもので固定もします。

スマホのイラスト

バイクの書類入れの中にも隠します。用途的に緊急時のガソリン代程度なので、数千円程度のへそくりしか入れておりません。時々ガソリン代以上の出費も出ることがあるが、ケース的には稀です。次に名刺入れの中です。頂いたものの中には入れず、差し出す用の自分の名刺の中に挟みます。こちらはバレるリスクも高いため、優先順位的に一番早く使います。

期間は特に決めておりません。必要な時に使うことに決めています。自分で忘れてしまうことも考えて、しまいっぱなしにならないように注意を払ったりします。収入を得る先は、時々行う副業であったり、振り込まれた給料からあらかじめ抜いておくなど様々です。また、様々なカードのポイントなどを使用し、現金が浮いた際にもへそくりとして貯めています。

女性ならではの隠し場所!?バレずにコツコツためられる!

へそくりの隠し場所、悩んだことはありますか?今まで私が試した中で コツコツ バレずに貯められた場所。それは「コスメボックス」です!女性なら持っている方も多いと思います。タンスの中や押し入れ、キャリーケースや使わなくなった帽子の中など、、へそくりを隠す為に色々と試しましたが、ことごとく失敗していました。

色々なコスメ道具

私は不要になった子供服や、使うことのない雑貨などを、オークションやフリマアプリに出してひっそりお小遣いを稼いでいます。そこから得た収入をへそくりとして家の中で保管していたのですが、なかなか良い隠し場所が見つからず。。どこかいい場所は無いかと探していたとき、旦那が手をつけない物という考えからコスメボックスにたどり着きました!

私は大きめのハードケースタイプのボックスを使用していて、中に仕切りが無いので、細かい物はポーチで小分けにしています。そのポーチの中にひっそりとへそくりを忍ばせれば、まぁバレません!今コツコツ貯めて4年程になりましたが、もうすぐ夢の10万円です!女性の方だったら持っている方も多いと思いますし、ボックスじゃなくても大きめのポーチの中等でしたら、よっぽどの事が無い限りバレないと思います。コスメボックスを漁る旦那さんはそうそう居ないと思うので。ぜひオススメしたいです。